脂肪吸引などの美容整形ならフォレストクリニックへお任せ下さい。フォレストクリニックは美容整形、二重、脂肪吸引、豊胸、プチ整形、ワキガ多汗症などの美容外科 医療を行なっております。

ネットカウンセリング予約

24時間メール相談

HOME > 診療メニュー > 顔・診療部−目 > 二重まぶた教室

二重まぶた教室

1時間目:自然な二重まぶたってどういう風になってるの?

二重まぶたの人の上まぶたは、目を開けた時に上まぶたの皮膚のどこかの部分が
斜め上方向に引き込まれるクセがついている状態になっています。
目を閉じている時は二重まぶたのラインは見えなくなるか、見えたとしても目立ちにくい状態になります。
目を開けた時に“重なり”の部分ができて二重まぶたになり、
まつ毛から“重なり”の部分までの長さが二重まぶたの幅ということになるんです。

目を閉じている時目を開けた時





二重まぶたの幅は、二重まぶたかどうかわからないくらいの狭い幅(奥二重)から
広い幅の二重まぶたまで色々な幅があります。
幅がどんなものであっても二重まぶたになる原理は同じです。
目を開けたときに上まぶたのどこかの部分が内側に引き込まれて皮膚に“重なり”の部分ができ、
まつ毛から“重なり”までの長さが二重まぶたの幅になります。
眼球の大きさに個人差はさほどありませんので、
目が大きく見えるかどうかは目の開き具合(縦方向の大きさ)、
目頭から目尻までの開き具合(横方向の大きさ)、そして二重まぶたの幅によって決まってきます。
二重まぶたの幅が広いから目がぱっちり見えたり、すっきり見えるということではなく、
全体のバランスで印象が決まるということになるんです。

奥二重の状態幅のせまい二重まぶた幅の広い二重まぶた


二重まぶたの形は、大きく分けると目頭から目尻までの幅が一定のタイプ(平行型)、
目頭から目尻に向かって幅が広くなっていくタイプ(末広型)があります。
二重まぶたのラインがカーブ状ではなく1,2ヶ所で屈曲しているタイプは西洋人に多く、
上まぶたにくぼみがある人の場合は二重まぶたの幅が広くなくても
くぼみの影響で二重まぶたの幅が広く見えることがあります。



目頭から目尻までの幅が一定の並行型目頭から目尻に向かって幅が広くなっていく末広型カーブ上ではなく屈曲している部分がある西洋人に多いタイプ上まぶたのくぼみによって幅広い二重まぶたに見える状態の上まぶたにくぼみがあるタイプ


アイプチやテープを使って二重まぶたを作っている人が多いですが、アイプチやテープで作った二重まぶたは
自然な二重まぶたには見えません。
パッと見ただけではアイプチやテープを使って二重まぶたにしているとわからないくらいに上手に作れている人もいますが、
正面で向かい合って話しているとやっぱり不自然に見えるものなんですね。
それはどうしてか?というと、自然な二重まぶたが目を閉じた時は二重まぶたのラインは見えなくなるか、
見えたとしてもうっすらとしか見えなくなるのに対し、
アイプチやテープで二重まぶたにしている人の場合は無理やり二重まぶたの“重なり”の部分をのりで貼り付けている状態なので、
目を開けていても閉じてもくっきりしたラインが残ったままだからなんです。



目を閉じた状態アイプチやテープを使っている人は目を閉じた状態でも“重なり”の部分が無理矢理作られているので不自然になってしまう




悪化してしまったイメージ
しかも、その人の好きな二重まぶたになるように
自分で無理やりラインを作っているから、
広い幅で二重まぶたを作った時は
上まぶたの皮膚が足りないような状態にされてしまっていて、
いつもびっくりしたような目になっている人もいますし、
まつ毛の向きも不自然になってしまっていることも多いんです。
そして長期間アイプチやテープを使っていると、
接触性皮膚炎を起こしてまぶたの皮膚がただれたり、赤くなったり、
皮膚が厚くなってしまったり、たるんできてしまったりと
状態がどんどん悪くなっていってしまうことが多いんです。
そういう状態になると余計にそれをアイプチやテープで
何とかしようとするから悪循環に陥ってしまうんです。
だから、アイプチやテープで簡単に二重まぶたを作れるからといっても
使わないほうがいいんです。






それに自然な二重まぶたは洗顔やシャワーやプールに入った後でも
二重まぶたが取れるということはありませんが、
アイプチやテープで二重まぶたを作っている人の場合は水に濡れると元に戻るんです。
目をこすっても元に戻るんです。そういう二重まぶたは自然には見えないんです。
自然に見える二重まぶたとは、
その人の上まぶたの皮膚の性質や目の大きさに幅と形が合っているかどうかで決まってきます。
例えば、上まぶたが腫れぼったくて目が小さいのに、二重まぶたの幅だけが広いと
他人から見るとなんとなく不自然に感じるものなんです。
また、目だけに着目するのではなく顔全体のバランスが取れていることも重要です。
例えば、顔全体にたるみがあるのに上まぶただけはたるみがなく
幅の広い二重まぶたになっていると他人から見るとなんとなく不自然に感じるものなんです。
二重まぶたの治療を受ける時は、好みの形や幅ばかりにこだわるのではなく、
顔全体と二重まぶたがマッチしているかどうかも考えて幅や形を決めると
自然な仕上がりになると思いますよ。