脂肪吸引などの美容整形ならフォレストクリニックへお任せ下さい。フォレストクリニックは美容整形、二重、脂肪吸引、豊胸、プチ整形、ワキガ多汗症などの美容外科 医療を行なっております。

ネットカウンセリング予約

24時間メール相談

HOME > 診療メニュー > 顔・診療部−鼻 > わし鼻修正教室

わし鼻修正教室

1時間目:わし鼻修正の治療はこういうことをしています


顔を横から見た時に、鼻の根元から鼻の先までの線がまっすぐではなく
鼻の真ん中くらいでこぶのように盛り上がっている部分がある状態をわし鼻といいます。
盛り上がりの部分は骨によるふくらみですので、
わし鼻修正の治療ではふくらみ部分の骨を削って、
鼻の根元から鼻先までの線をまっすぐにすることが目標になります。
わし鼻修正 説明図1


元々鼻が高い患者さんの場合はわし鼻修正の手術だけで改善が図れますが、鼻が低い人でもわし鼻の人がいます。
その場合、骨のふくらみの部分を削るとさらに鼻が低くなりますから、
シリコンプロテーゼを使って高さの補充をしたほうがより自然で顔のバランスに合った顔立ちになります。


わし鼻修正治療 症例写真 術前 わし鼻修正治療 症例写真 術後  わし鼻修正治療 説明図2


手術は鼻の穴の内側から行います。
ですので、傷跡が外から見えることはないので安心してください。
手術時間は20〜30分くらいですが、手術をするためには麻酔が必要になります。
麻酔は鼻に局所麻酔の注射をするのですが、
鼻の皮膚は硬いので我慢できないほどではありませんが注射が結構痛いのですね。
ですので、フォレストクリニックでは無痛麻酔と呼んでいる麻酔法を使って手術をしています。
無痛麻酔を使うと、患者さんは寝ている間に手術を受けられるので、
『気付いたら手術が終わっていた。全然痛くないし怖くなった』と喜んでもらっています。

手術が終わったら、肌色のテープを使って患部を固定をします。
手術後3日間は固定をはずさないようにし、3日後に自分で外します。
鼻の穴の内側の切開した部分は縫合してあるのですが、
フォレストクリニックでは溶ける糸を使って縫合しています。
通常抜糸は痛いものではないのですが、鼻の穴の抜糸は少し痛いのですね。
傷跡のことを考えると溶ける糸を使うよりも溶けない糸を使うほうが
傷跡はキレイに治るのですが、傷跡は鼻の穴の内側ですし、
傷跡といってもよく見てもわからないくらいにキレイに治りますので
溶けるタイプの糸を使ってもまったく問題ないことから、患者さんがつらくないようにするために
溶けるタイプの糸を使うことにしています。