脂肪吸引などの美容整形ならフォレストクリニックへお任せ下さい。フォレストクリニックは美容整形、二重、脂肪吸引、豊胸、プチ整形、ワキガ多汗症などの美容外科 医療を行なっております。

ネットカウンセリング予約

24時間メール相談

HOME > 診療メニュー > 顔・診療部−目 > 目頭切開教室

目頭切開教室

1時間目:目頭切開をするとどういう効果があるの?

東洋人の場合、蒙古ひだと呼ばれる皮膚の張り出しが目頭部分についていることが多く、蒙古ひだがあることで
二重まぶたのラインが途中でさえぎられて平行型の二重まぶたになりにくかったり、目と目の距離が離れて見えたり、
目が小さく見えることがあります。
一方で、蒙古ひだがついていると見た目が幼い印象に見える効果もあるので老け顔に見えにくいというメリットもあるのですが、
蒙古ひだがたくさんついていることで“なんとなくきつい感じに見える”という人の場合は目頭切開を受けると
キリッとした感じが取れて優しく見えることもあるので、効果の高い治療法であるといえます。




左右の目が離れている人の場合は目頭切開をすると余分な蒙古ひだが取れるのでバランスが取れた顔立ちになり、
目の横幅が少し広がる効果によって目が大きくなったように見えるようになります。
蒙古ひだが多い人で二重まぶたの形が
末広型(目尻に向かってだんだんと二重まぶたの幅が大きくなっていくタイプ)の人の場合は目頭切開を受けることで
平行型(目頭の部分から二重まぶたのラインが見えている)の二重まぶたになりやすくなります。



目頭切開は目頭の余分な蒙古ひだを取るだけの治療ですから手術は簡単です。
簡単な治療のわりに効果が高いので患者さんの満足度が高い治療でもあるのですが、
蒙古ひだが多くついていても目頭切開を受けないほうがよいタイプの人がいます。
どういうタイプの人か?というと、元々目と目の距離が近く見える人や、
末広型の二重まぶたの状態を気に入っている人、傷跡が目立ちやすい体質の人です。
ですので、カウンセリングでは患者さんと医師がよく話し合って
目頭切開を受けるほうがよいのかどうかを一緒に考えるようにしています。