リビング階段の家の外観・内装・間取りを【実例画像付き】で解説

高級感あふれるリビング階段の家 内装1(アーネストアーキテクツ)

おしゃれな内装の家と聞いて「リビング階段」を思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれません。

リビングに階段を配置するだけで非常におしゃれなインテリアになりますよ。特に吹き抜けの広いリビングとは相性抜群!スケルトン階段と吹き抜けリビングで一気におしゃれな家に!

このページではリビング階段の家の特徴やメリット・デメリットをまとめるほか、リビング階段の家の外観・内装・間取りの実例画像をたくさんピックアップしていきます。

当ページをご覧頂ければ、インテリアの主役になる「リビング階段の家」のイメージが固まると思いますよ!

リビング階段の家とは

リビング階段とは、読んで字のごとくリビングに配置されている階段のことです。リビングイン階段などとも呼ばれることがある人気の内装(間取り)です。

リビング階段はデザイン面での人気が特に高く、リビング階段を採用するだけでおしゃれな家になる可能性すらあると言えるでしょう。階段は家に必要不可欠な要素でありながら、インテリアの主役にもなることができるのです。

またリビング階段は踏み板と骨組みのみで造られた「スケルトン階段」とも非常に相性がよく、内装の印象をガラリと変化させることができます。

またリビング階段の家は吹き抜けの間取りとも相性抜群!吹き抜けリビングにスケルトン階段を配置すればリビングの開放感は格段にアップすると思いますよ!

リビング階段は見た目がオシャレで素敵なことも嬉しいポイントですが、それだけでなく家族のコミュニケーションが増えるというメリットもあります。リビングを通らないと2階の部屋にいけませんので必ず顔を合わせることになりますからね。

またスケルトン階段にすることで、採光も取りやすくなりリビング全体が明るくなるケースも多いです。箱型階段に比べて、階段のスペースがオープンになるためリビングが広く感じる効果もあります。

明るくて開放的な気持ち良いリビングを求めている方ならスケルトンのリビング階段は検討してみるのもオススメですよ!

リビング階段の家の外観・内装・間取りの実例画像

文章で説明するよりも実際にリビング階段の家の実例をご覧になった方がイメージしやすいと思います。この項目ではさまざまなリビング階段の家の外観・内装・間取りの実例画像をピックアップしていきます。ぜひ参考にしてください。

木のリビング階段の家 外観 内装(重量木骨の家:M-STYLE HOUSE)

M-STYLE HOUSE 木のリビング階段内装

M-STYLE HOUSE 木のリビング階段の家外観
画像出典:重量木骨の家:M-STYLE HOUSE【https://www.m-stylehouse.jp/】

重量木骨パートナー「M-STYLE HOUSE」が手掛けた木のリビング階段の家です。外観はシャープな印象のシンプルモダンスタイルですが、内装は白と木で構成され驚くほどさわやかで柔らかい印象です。

特に木のリビング階段が室内の印象を決定づけています。シンプルでありながら存在感を放つ木のリビング階段はこの家のシンボル的な存在といえるでしょう。シャープな印象の外観と、シンプルでありながら柔らかい印象を与える自然素材で構成された内装のギャップが非常におしゃれな家です。

明るいリビング階段の家 内装(フリーダムアーキテクツデザイン)

明るいリビング階段の家 内装(フリーダムアーキテクツデザイン)
画像出典:フリーダムアーキテクツデザイン【https://www.freedom.co.jp/】

全国規模でデザイナーズ住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツデザインの建築事例です。吹き抜けとリビング階段によって非常に開放感のある空間の仕上げられていますね。吹き抜け上部にも窓を設けており日当たりも最高です。自然光を目いっぱい取り入れられる明るいリビングは居心地も最高でしょう。

TV台から登れるリビング階段の家 内装(フリーダムアーキテクツデザイン)

リビング階段の家 内装1(フリーダムアーキテクツデザイン) リビング階段の家 内装2(フリーダムアーキテクツデザイン)
画像出典:フリーダムアーキテクツデザイン【https://www.freedom.co.jp/】

全国規模でデザイナーズ住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツデザインの建築事例です。リビングからロフトに上がれるリビング階段のある内装です。スケルトンのリビング階段は開放感を感じますまた階段下のスペースはダイニングスペースとして有効活用。最大の特徴は備え付けのテレビ台から階段を上るようになっているデザインです。目を引くデザインですが、省スペースにもなりますし非常におしゃれですね!

らせん階段(リビング階段)のある家 内装(住友林業)

らせんのリビング階段のある家 内装(住友林業)
画像出典:住友林業【https://sfc.jp/】

こちらは木造注文住宅専門ハのウスメーカー住友林業の「らせん階段のある家」です。スケルトンのらせん階段のおかげで階段側の窓から採光を目いっぱい確保できています。明るく開放感のある吹き抜けリビングはそれだけでおしゃれです。開放感のあるリビングがダークチークの上質な無垢フローリングと相まってさらに高級感を演出しています。アクセントの小上がりスペースもおしゃれですね。

リビング階段の輸入住宅 内装(北洲ハウジング)

リビング階段の家 内装(北洲ハウジング)
画像出典:北洲ハウジング【https://www.hokushuhousing.co.jp/】

高気密・高断熱の輸入住宅を得意とする北洲ハウジングのリビング階段のある家です。こちらはスケルトンではないリビング階段の実例ですが、スケルトン階段でなくても「吹き抜け+リビング階段」の内装は開放感抜群ですね。一般的にリビング階段は空調効率が悪くなるといわれていますが、高気密・高断熱な北洲ハウジングなら全く問題ないとのこと。階段に沿うようにして棚を配置している工夫もおしゃれで素敵ですね!

リビング階段の家 内装(住友不動産:Jアーバンコート)

リビング階段の家 内装(住友不動産 Jアーバンコート)
画像出典:住友不動産【https://www.j-urban.jp/】

こちらは住友不動産のJアーバンコートシリーズの建築実例です。広々としたリビングに吹き抜け+リビング階段で開放感のある空間に仕上がっています。リビング階段の手すりの部分は透明にすることでさらに圧迫感を感じにくい仕様に。吹き抜けの上部から光が差し込み常に明るいリビングを実現します。

スチールのリビング階段の家 内装(重量木骨の家:じょぶ)

スチールのリビング階段の家 内装(じょぶ)
画像出典:重量木骨の家:じょぶ【http://job-homes.com】

こちらも重量木骨パートナーの「株式会社じょぶ」の手掛けるリビング階段の建築実例です。リビング階段には存在感のあるスチール素材を採用。手すりもシンプルにスチールと木でできています。リビング階段の下にテレビを配置することでデッドスペースができず、なおかつスケルトン階段は圧迫感もありません。キッチン後ろのレンガ調の壁などとピッタリマッチしておしゃれで開放的な空間になっています。

高級感あふれるリビング階段の家 内装(アーネストアーキテクツ)

高級感あふれるリビング階段の家 内装1(アーネストアーキテクツ)

高級感あふれるリビング階段の家 内装2(アーネストアーキテクツ)
画像出典:アーネストアーキテクツ【https://earnest-arch.jp/】

高級デザイナーズ住宅を手掛けるアーネストアーキテクツのリビング階段の家です。白を基調とした室内に黒いスケルトン階段と黒を基調とした家具が美しいですね。リビング階段の上にはトップライトを設けており時間帯によって階段の陰影が際立ちます。まるでホテルのロビーを思わせる広々としたリビングはとてもおしゃれで高級感抜群です。

リビング階段の家のメリット

実際のリビング階段の家をご覧になってイメージは沸きましたか?

それでは次にリビング階段の家のメリット(良いところ)とデメリット(悪いところ)についてもっと詳しくみていきましょう!まずはリビング階段のメリットからです。

リビング階段の家のメリット
  • リビングの印象を決定づけるインテリアにもなる
  • 吹き抜けリビングとも相性抜群
  • 自然とリビングに家族が集まりやすい

リビングの印象を決定づけるインテリアにもなる

リビング階段は1階と2階をつなげる通り道。2階以上を設けるならば必要不可欠な造作ですが、それと同時に、リビングの印象を決定づけるインテリアとしても機能します。リビング階段を設けることでリビングにいながらにして1階と2階のつながりを感じ、リビングの開放感もアップします。開放感のあるリビングはそれだけでおしゃれで居心地がいいですよね。

リビングはマイホームの中心です。居心地のいいおしゃれなリビングを求める方にとって、リビング階段は魅力的な選択肢と言えるでしょう。

吹き抜けリビングとも相性抜群

リビング階段は吹き抜けのリビングと非常に相性が良い点もメリットと言えるのではないでしょうか。吹き抜けリビングはただでさえ開放的な空間ですが、リビング階段と合わさればさらに空間の広がりを感じられるリビングになるでしょう。

自然とリビングに家族が集まりやすい

リビングは家族とコミュニケーションをとる大切な場所です。リビング階段の家は2階、3階の自室へ向かう時に必ずリビングを通る必要があるため、必然的に家族と毎日顔を合わせることになります。

家族なのですから毎日顔を合わせるのは当然といえば当然ですが、お子様が多感な時期などにリビングに寄りつきもせずに自室に入ってしまうなんてこともよくあること。リビング階段の家は家族とコミュニケーションをとる機会が増えるのもメリットの一つと言えるでしょう。

リビング階段の家のデメリット

リビング階段の家にはたくさんのメリットがありますが、良い点ばかりというわけではなく当然デメリットもあります。

理想のおしゃれな家を建てるためには、好みの家のスタイルについてメリット・デメリットの両面を把握することが大切です。良い点・悪い点の両面を把握して判断することで、より自分の好みにあう理想の住まいがイメージできるはずです。

それではリビング階段のデメリットもみていきましょう。

リビング階段の家のデメリット
  • スケルトン階段は箱型階段に比べやや価格(建築コスト)が高い
  • 空調効率が低下する
  • 生活音が上下に響きやすくなる
  • スケルトン階段の場合、デッドスペースができやすい
  • 子ども・ペットが落下するリスクがある

スケルトン階段は箱型階段に比べやや価格(建築コスト)が高い

リビング階段と相性ピッタリのスケルトン階段は、デザインを重視する方が多いためどうしても一般的な箱型階段と比べると若干「建築コスト」が高いケースが多いようです。デザイン重視のスケルトン階段は、見た目の良い化粧材などを採用することが多く、材料費などが高くなりがちだからですね。

空調効率が低下する

リビング階段の家は「開放感のある大空間」が実現しますが、開放的な大空間リビングは空調効率の面ではデメリットとなります。部屋はできるだけ細かく仕切られている方が、空調効率は良いのです。

特にスケルトン階段の場合は顕著ですが、リビング階段は空調効率が低下します。スケルトン階段の場合、冬は暖かい空気が上に逃げてしまいやすいですからね。

せっかく広くて開放的なリビングでも、夏暑く冬寒いのでは居心地の良い空間とは言えません。リビング階段や吹き抜けの内装(間取り)を採用するのであれば、気密性・断熱性を重視することをオススメします。

生活音が上下に響きやすくなる

リビング階段の家はリビングの生活音が別フロアに響きやすくなってしまいます。自室で寝ている時などにリビングから生活音が聞こえて起きてしまうというケースもよくあること。リビング階段を採用する場合は自室のドアを防音仕様にするなどの工夫をすると良いかもしれませんね。

スケルトン階段の場合、デッドスペースができやすい

一般的な箱型階段ならば階段下のスペースを収納やトイレなどに活用しやすいですが、スケルトン階段の場合は収納、トイレとして活用できませんので家の中にデッドスペースができやすいのもデメリットです。

もちろんスケルトン階段でも設計を工夫し、簡易的なデスクを置いて勉強スペースにしたりキッズスペースにするなど有効活用できる工夫もありますので、建築士・設計士とよく相談すべきでしょう。

子ども・ペットが落下するリスクがある

スケルトン階段の場合は蹴り込み板がないため、お子様などが誤って落ちてしまうリスクが考えられます。スケルトン階段にするならば、できれば階段の段差を低く浅くして人やペットが誤って落ちないよう配慮した造りにするべきでしょう。

また、手すりがないタイプのスケルトン階段も非常にスタイリッシュに見えますが、安全には変えられないのでできれば手すりは付けるべきです。

おしゃれな家 リビング階段の家のまとめ

リビング階段の家は採光を採り入れやすいためリビングの隅々まで明るく開放感バツグンな点がおしゃれで素敵です!開放感のあるリビング階段に憧れる方も多いですが、リビング階段は空調効率が悪くなる点など、住宅性能が伴っていない場合は「失敗」につながる可能性もあります。

リビング階段を採用する場合は、気密性・断熱性などの住宅性能もしっかり重視しておきたいところです。

リビング階段の家を得意とするハウスメーカーは多数ありますので、ぜひ比較検討してみてください。

おしゃれな家を建てるハウスメーカーを比較しよう!

マイホームは人生でもっとも高額なお買いもの。絶対に失敗できませんよね。

注文住宅の家づくりで失敗しないために大切なことは「とにかく比較すること」です!

マイホームほど高い買い物でなくても、車や家電など高額な買い物をするときは「どの製品がおしゃれで性能が良いか?」必ず比較しますよね。

マイホームも同じです。デザインは似ていても価格や性能には大きな差があるのです。注文住宅の家づくりではまずは候補のハウスメーカーを複数社見つけ「比較すること」から始めましょう!

おしゃれな家を建てるハウスメーカーを比較するなら「タウンライフ」が断然オススメです!

タウンライフは全国600社以上の優良施工会社が登録している注文住宅のトータルサポートサイトです。希望のエリアなど必要事項を記入するだけで、エリア対応しているハウスメーカー・工務店・建築会社から具体的な間取りプラン・予算がすぐに提案してもらえるんです。全国600社もの建築会社が登録しているので、外観・内装・間取りともにきっとあなた好みのおしゃれな家を建てるハウスメーカーが見つかるはずです!

人生一度のマイホーム計画。おしゃれな家を失敗しないで建てるためにもまずはタウンライフで「候補のハウスメーカーを比較」することから始めましょう!

≫タウンライフで無料の間取りプランを比較する≪

タウンライフ

最短3分、家づくりはまずは「比較すること」から始まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です